株式会社日経リサーチ

独自調査データで読み解く
先進企業637社の「SDGs経営」力

【連載(1)】日経「SDGs経営」調査2019 分析と先進事例
日経SDGs 日経リサーチは日本経済新聞社が2019年に初めて実施した「SDGs経営」調査の結果を独自に分析しました。「SDGs戦略・経済価値」「社会価値」「環境価値」などテーマごとの日本企業全体の取り組み状況や、高評価企業の取り組み事例について紹介します。掲載は10回を予定しています。
初回は調査2019年12月2日に日本経済新聞で発表した企業の格付けを掲載します。
社名や業種で企業を選んで比較することができます。

****************************************

「SDGs経営」は「SDGs戦略・経済価値」「社会価値」「環境価値」「ガバナンス」の4項目で構成。4項目の合計で総合評価を算出した。
SDGs経営の4項目
 
EX 総合評価で★★★★★を得た3社について項目ごとの評価をみると、強さに違いがあるのがわかる。日経SDGs経営大賞を受賞したコニカミノルタは、調査回答637社中で唯一、4項目すべてで最高格付けを獲得した(環境価値の★★★★★企業はなく、4.5が最高となる)。キリンホールディングスは「SDGs戦略・経済価値」「環境価値」、リコーは「社会価値」「環境価値」のそれぞれ2項目が最高格付けを得た。
 キリンHDとリコーを比べると、CSV(社会価値と経済価値が両立する共通価値の創造)経営を実践するキリンHDが、「SDGs戦略・経済価値」でリコーを上回った。サステナビリティの長期非財務目標「CSVパーパス」の実現に向け、各事業でコミットメントとKPIを策定するなど、SDGsへの貢献を事業戦略と連動させている。
 一方、リコーは社員参加型の支援組織「FreeWill」を1999年に発足させている。グループ10社の社員による社会貢献活動などにより、「社会貢献」で高得点を得た。

****************************************

次回のテーマは「気候変動の緩和および適応」です。
SDGs経営調査活用サービスに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。