株式会社日経リサーチ

標準偏差

標準偏差((s)は分散の平方根である。

hyojunhensa.png 

分散はバラツキの指標(散布度)であるが、データを2乗しているため、元の変数の単位の2乗になっている。標準偏差は分散の平方根なので、元の単位におけるバラツキとして解釈することができる。

標準偏差(standard deviation)はしばしばSDという記号が使われ、数式では小文字のsが使われる。

その他のリサーチ用語

当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。