日経リサーチ
コンプライアンス
経営診断プログラム

従業員のコンプライアンス意識の醸成度合いを明らかにします。
コンプライアンス経営の推進は、企業価値の向上に繋がります。
海外拠点も含めた多言語での実施も可能です。

  • 日経グループの信頼性・中立性により、
    本音の回答が得られる
  • 組織風土の実態や行動規範の理解、
    従業員意識に潜む潜在リスクも同時に把握できる
  • 約8万人のベンチマークデータと
    自社状況を比較可能
  • 日経リサーチが第三者の立場から
    効果的にサポート
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

コンプライアンス部・法務部のご担当者様

あなたの会社は
コンプライアンスリスク」への対策、
出来ていますか?

働き方改革で現場にしわ寄せがいっていないか心配だ
働き方改革で現場にしわ寄せがいっていないか心配だ
働き方改革で現場にしわ寄せがいっていないか心配だ

組織運営では
顕在化したリスクだけでなく、
今後リスクになり得る
潜在的な要因にも注意しなければなりません。

プログラムの概要

プログラムの概要

「自社は大丈夫」と思っていても、
思わぬところにリスクはあるものです。

なので、対策状況を常に
「見える化」することが重要です。

そこで日経リサーチの
コンプライアンス
経営診断

従業員への調査を通じて労働環境や情報・品質管理、
ハラスメントなどのリスク予兆を把握するとともに、
貴社の組織風土を診断してコンプライアンス経営の実現を支援します。

こんな会社におすすめ

こんな会社におすすめ1

コンプライアンス研修を実施しているが、従業員にどの程度理解され、浸透しているか不安がある。

こんな会社におすすめ2

働き方改革を推進しているが、現場にしわ寄せが及んでいないか心配だ。

こんな会社におすすめ3

コンプライアンス意識を高めたいが、現場が自分ごと化できていない。

まずは、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

4つのポイント

POINT1

POINT1
日経グループの信頼性・中立性
により、本音の回答が得られる

POINT2

POINT2
組織風土の実態や行動規範の
理解、従業員意識に潜む潜在
リスクも同時に把握できる

POINT3

POINT3
約8万人のベンチマークデータと自社状況を比較可能

POINT4

POINT4
日経リサーチが第三者の立場
から効果的にサポート

活用事例CASE STUDY

製造業A社(働き方改革の弊害パターン)

働き方改革推進で定時退社を推進しているが、持ち帰り残業が発生していないかが心配。
意識調査の結果、一部の部署で勤怠管理が適切でないことが明らかになったため、該当部署に結果をフィードバックし、勤怠管理を徹底するとともに、業務を調整した。

活用事例1

IT企業B社(研修の成果確認パターン)

コンプライアンスに関する研修を実施しているが、どのくらい理解され、現場で自分ごと化しているのか不安。
意識調査の結果、20代の若手や管理職の意識は高かったが、入社からしばらく経った30代の意識が低いことが分かったため、入社時研修や管理職研修とは別の、中間層向け研修を導入した。

活用事例1

まずは、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

料金・サービスPRICE

参考価格

従業員3,000人

250万円(税別)

  • 調査内容:弊社定型調査項目
  • 調査手法:WEB(対象地域・言語は日本のみ)
  • ご納品物(弊社定型様式):全体報告書1種、部署別結果一覧表5種、報告会1回実施
  • 価格は対象人数や調査仕様によって変動します。
  • 貴社の調査ニーズや課題・仮説に合わせたカスタマイズ仕様のフルオーダー版もご用意しています。詳細はお問い合わせください。

サービスの流れFLOW

サービスの流れ
サービスの流れ

よくあるご質問Q & A

実施にあたって、従業員のメールアドレスを提供しないといけないのか。
個人情報をご提供いただく必要はありません。Web調査の場合は、アンケートサイトのURLをお客様が対象社員へお知らせし、回答していただきます。質問用紙にご回答いただく場合も、お客様に配布・回収をしていただければ、対応可能です。
バイトテロが心配だが、アルバイトの社員を対象にすることもできるのか。
アルバイト社員の調査ももちろん可能です。アルバイト社員のベンチマークデータもご用意していますので、お問い合わせください。
海外拠点の従業員にも同時に実施したいが、可能か。
海外拠点も含め、多言語で一斉に実施することが可能です。

まずは、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら