グローバルビジネスパーソンの
コンプライアンス意識

1.世界のビジネスパーソン、3割が問題抱える
 日経リサーチは20カ国・地域のビジネスパーソン2万2832人を対象に、コンプライアンス(企業倫理・法令順守)についての意識調査を実施した。それによると、「職場でコンプライアンスに関する相談・通報制度を利用したいと思う事態があった」との回答は全体で32%に上り、3割のビジネスパーソンが問題を抱えていることが明らかになった。
図1
 具体的にどんな問題が職場で起きているのか。2019年に調査を実施した8カ国・地域(日本、韓国、台湾、カナダ、オーストラリア、ロシア、シンガポール、ブラジル)のみのデータではあるが、いずれの国でも最も多かったのは「過剰な業務量・勤務時間」であった。その他、「上司・同僚・取引先からの不適切な会話」「業務用パソコンの私的利用」「上司・同僚・取引先からの根拠のない非難・中傷」等が上位に挙がる傾向が見られた。いかに職場での嫌がらせに悩むビジネスパーソンが多いかがわかる。また、「業務用パソコンの私的利用」は、最も多いロシアでは約20%、日本も9%あった。情報漏洩の観点からも企業にとっては見過ごせない。
2.日韓台の相談先、上司より家族・友人
 実際に問題が起きた時にどう対応すべきか。・・・

続きをご覧になるには次のページでお名前等を登録ください。

当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。