株式会社日経リサーチ
7n10KOtZDowa.SEMuF4FkRPqSlWws0SBC7HRwZYdPA--.gif

日経「スマートワーク経営」調査のしくみ

NIKKEI Smart Work
働き方改革による生産性向上で企業の強い未来を!
日経グループは、新たな時代に競争力を発揮する企業経営のあり方として「Smart Work経営」を提案します。
日本経済新聞社はSmart Workを実践している企業を新しい「日本の優れた会社」として評価する日経「スマートワーク経営」調査を開始します。

「Smart Work経営」とは、
多様で柔軟な働き方の実現等により人材を最大限活用するとともに、イノベーションを生み、新たな市場を開拓し続ける好循環を作り、
生産性など組織のパフォーマンスを最大化させることを目指す経営戦略です。


調査項目は企業の「人材活用力」「イノベーション力」「市場開拓力」の3つの柱ごとに、下図に示す項目について聞きます。回答内容から総合的に企業の「Smart Work経営」を評価します。
調査フレーム
調査フレーム
※調査の設計は、慶應義塾大学大学院商学研究科鶴光太郎教授をはじめ、
慶應義塾大学商学部山本勲教授、東洋大学経済学部経済学科滝澤美帆教授、東京大学大学院工学系研究科元橋一之教授、東京大学大学院経済学研究科大橋弘教授に監修いただきました。
個別企業の評価は調査票でご回答いただいた内容だけでなく、各種データを用いて集計、総合的に評価します。
Smart Work経営
※「Smart Work経営」を実践し、組織のパフォーマンスを高めている企業を評価、表彰します。
お知らせ