株式会社日経リサーチ
7n10KOtZDowa.SEMuF4FkRPqSlWws0SBC7HRwZYdPA--.gif

「ブランド戦略サーベイ2018」9月19日(水)付日本経済新聞13面/日経産業新聞15面/日経MJ(流通新聞)11面に掲載

総合得点の首位には7年ぶりにグーグルが返り咲きました。ビジネスパーソンからの評価が2位で、評価項目別では「ビジネス有用度」と「独自性」がトップでした。2位は昨年5位のヤマト運輸、昨年首位の日本マイクロソフトは4位に後退しました。日米の電機・IT系企業がトップ10の半数以上を占め、存在感が強まっています。
このニュースに関連するサービス
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。