株式会社日経リサーチ

「バイヤー調査・柿」10月29日(月)付日経MJ(流通新聞)2面に掲載

主要21品種(ブランド)の調査で、奈良や福岡、岐阜などで栽培される甘柿の「富有」が首位でした。「味」や「食感・歯ごたえ」「見た目」など17項目中11項目で最高評価を得ました。2位は和歌山が主要産地の渋柿「刀根早生」で、「食べやすさ」や「価格水準の妥当性」などはトップでしたが、1位に70点差をつけられました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。