株式会社日経リサーチ

「第31回人気アナリスト調査」3月3日(日)付日経ヴェリタス44~49面に掲載

機関投資家が株式アナリストを評価する恒例の調査で2019年版ランキングが決まり、前回3位だったドイツ証券の村木正雄氏が総合1位に輝きました。前回トップだった野村証券の斎藤克史氏は5位に後退しました。会社別順位は大和証券グループが10年ぶりに首位を奪還しました。ランクインしたアナリスト数が44人でトップでした。
このニュースに関連するサービス
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。