株式会社日経リサーチ

「第24回債券・為替アナリスト エコノミスト人気調査」3月3日(日)付日経ヴェリタス50・51面に掲載

債券アナリスト部門はSMBC日興証券の森田長太郎氏が3年連続、債券アナリスト部門はJPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏が2年連続、エコノミスト部門はみずほ証券の上野泰也氏が4年連続でそれぞれトップに輝きました。会社別順位は前回3位の三井住友・日興グループが同1位のみずほグループを抑えて首位に浮上しました。
このニュースに関連するサービス
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。