株式会社日経リサーチ

「バイヤー調査 チルドゼリー」4月8日(月)付日経MJ(流通新聞)2面に掲載

主要6社10ブランドの調査で、フジッコの「フルーツセラピー」が接戦を制して首位になりました。個別項目でも高評価を得た「味・食感」を筆頭に「商品コンセプト」「素材・製法」など14項目中7項目でトップでした。わずか2点差の2位には雪印メグミルクの「CREAM SWEETS コーヒーゼリー」が入りました。
 
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。