株式会社日経リサーチ

「2019年賃金動向調査(1次集計)」4月14日(日)付日本経済新聞1・7面に掲載

ベースアップを含む平均賃上げ率は2.25%で、前年を0.19ポイント下回りました。伸び率は2年ぶりに鈍化しましたが、若手や技術者に手厚い賃上げをするなど、人材投資にメリハリをつける動きもあり、6年連続で2%台の水準を維持しました。年間一時金の支給額は18年比0.05%減の176万6277円で、2年ぶりのマイナスでした。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。