株式会社日経リサーチ

「学長アンケート(下)」12月11日(水)付日本経済新聞大学面に掲載

大学生の就職活動に関する企業側への要望を学長アンケートで尋ねたところ、「就活日程の順守」が67%でトップでした。次いで「3年生以下向けのインターンシッププログラムを手厚くしてほしい」が59%に達しました。一方、大学として取り組んでいる就活対策は「インターンの単位認定」が86%で最多でした。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。