【受付終了】8/27開催 「ヘルスケアセミナー」のご案内
ヤンセンファーマ關口社長、マッキャンヘルス牧野様登壇
~ペイシェントジャーニーの最新活用法とは

株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福本敏彦)は患者本位のケアが求められるなか、製薬企業や医療機器メーカーを対象にペイシェントジャーニーの活用法について解説する無料オンラインセミナーを8月27日(金)に開催します。

ヤンセンファーマ株式会社の關口修平社長には、患者に寄り添い課題を解決する取り組みについて講演いただきます。また、コロナ禍で製薬企業の情報提供のあり方が大きく変わりました。マッキャンヘルスの牧野克紀様からは、ポストコロナ時代のスタンダードとなるオムニチャネルエンゲージメントの重要性についてお伺いします。

日経リサーチからは、メディカル関連調査に利用する「日経メディカルオンラインパネル」の概要を説明します。あわせて、自主調査「withコロナ時代の医師の情報収集活動について~今求められるDXとMRの役割とは」について結果の概要を紹介します。

登壇者から直接回答が聞けるQ&Aセッションも設けます。皆さまのご参加をお待ちしております。

配信日時 2021年8月27日(金)11:30~12:30
参加費 無料
*ウェビナーURL等は電子メールで2021年8月25日(水)以降に配信予定です。

応募者多数の場合は抽選とさせていただきますのであらかじめご了承ください。
プログラム 講演1:Beyond Medicine~患者さんに寄り添った課題解決のためのアプローチ

關口修平氏 【講演者】
ヤンセンファーマ株式会社代表取締役社長 關口 修平氏
【プロフィール】
2004年にジョンソン・エンド・ジョンソンに入社後、米国のオーソ・バイオテック・プロダクツL.P.社とセントコア社のマーケティング部門を経て、ヤンセンで扱う大半の疾患領域にまたがりマーケティング事業を率いる。2016年から2019年までヤンセンファーマ株式会社の免疫・感染症事業本部本部長を務める。その後ヤンセン台湾のマネージング・ディレクターとして、人材育成およびインクルーシブな企業文化の醸成に注力し、ヤンセンを台湾で第6位の製薬会社へと成長させた。2021年より現職。

講演2:コロナ禍で問われた接客姿勢の神髄~「伝える」以前の価値があるオムニチャネルエンゲージメント~

牧野克紀氏 【講演者】
株式会社マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
ディレクター・オブ・パフォーマンス 牧野 克紀氏
【プロフィール】
製薬企業の広報室勤務を経て1999年にマッキャンヘルス入社。2010年からストラテジック・プランニング部門の国内責任者を務め、独自の戦略立案ツールに基づくブランド戦略開発等を担当。2018年に現職に就き、デジタル時代に対応したData Supportedな顧客エンゲージメントのプラットフォーム開発と、より説得力の高いストーリーテリング技法を用いたシナリオプランニングのコンサルテーションを提供している。

講演3:withコロナ時代の医師の情報収集活動について~今求められるDXとMRの役割とは

【講演者】
株式会社日経リサーチソリューション本部 豊場 拓

Q&Aセッション

【回答者】
關口氏、牧野氏、豊場
 
たくさんのご応募ありがとうございました。
受付を締め切らせていただきました。
セミナー情報
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。