【受付終了】7月12日(火)
日経リサーチ 未来洞察セミナー第2弾
ユーザー視点でイノベーションを起こす

株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新藤 政史)は近未来の技術シーズや事業環境の予測に関心をお持ちの方を対象とした無料のオンラインセミナーを7月12日(火)に開催します。

弊社は未来を予測するうえで、製品サービスの普及過程を5つに分類するイノベーター理論に着目しました。マーケティング・イノベーション研究の第一人者である一橋大学大学院の鷲田祐一教授の指導の下、先見性があると言われる「イノベーター」「アーリーアダプター」を客観的に抽出し、調査する手法を確立しました。

本セミナーでは、鷲田教授がなぜイノベーターやアーリーアダプターに調査するべきかを解説し、こうした調査の活用法について、事例を基に紹介します。弊社は独自調査から見えたイノベーターとアーリーアダプターの特徴を紹介します。

後半にはQ&Aセッションも設けておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

配信日時 2022年7月12日(火) 16:00~17:00
こんな方に
おすすめ
  • 製品・サービスや新技術の開発、コンセプト設計をご担当の方
  • 事業計画の立案をご担当の方
プログラム ■第1部 イノベーター理論の活用法
鷲田祐一氏【講演者】
一橋大学 大学院経営管理研究科
教授 鷲田祐一氏(データ・デザイン研究センター長)

【プロフィール】
専門は、マーケティング、イノベーション研究。1991年一橋大学商学部を卒業。(株)博報堂に入社し、マーケティング局、生活総合研究所、イノベーション・ラボで消費者研究、技術普及研究に従事。2003年にマサチューセッツ工科大学に研究留学。2008年東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程を修了(学術博士)。2011年一橋大学大学院商学研究科准教授。2015年より現職。
■第2部 独自調査結果から見えたイノベーター・アーリーアダプターの特徴
【講演者】
日経リサーチ ソリューション本部 山下 徹
■第3部 調査結果をどのように活用するか
【講演者】
一橋大学 大学院経営管理研究科 教授 鷲田祐一氏
■Q&Aセッション
【回答者】
鷲田氏、山下
参加方法 オンラインセミナーはZoomで開催予定です。
お申し込みの方には、視聴URLをメールでご案内いたします。
なお、同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。
あらかじめご了承ください。
参加費 無料

セミナーにご参加いただくにあたってのお願い

セミナーは無料ですが、視聴にあたって通信費用などはご参加者の自己負担となります。また、配信日当日、通信環境などの問題により、一部配信の遅延などが発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

■セミナーのお申し込み
下記URLより、「セミナーお申し込み」フォームに必要事項をご記入の上、開催時刻までにお申し込みください。

受付を終了しました。沢山のお申込みありがとうございました。
セミナー情報
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。