CrossMapping(クロスマッピング)

顧客理解のための切り口が見つかる新開発のデータ可視化手法

CrossMapping(クロスマッピング)とは

データに隠された、顧客理解に有効な切り口を見つけやすくする独自開発の新しい分析手法です。個人属性や調査で集めた数値データ、自由回答などのテキストデータ、行動・購買履歴など様々なデータの中から深く知りたいターゲットの特徴を自動で抽出し、マップ上で同じ傾向ごとに可視化します。マーケティングに活用する分析軸を、先入観や思い込みに邪魔されることなく探索できます。

活用できる課題

  • 潜在顧客が商品・サービスの購入する・しないをどんな理由で判断するのか知り、マーケティング施策の立案に活かしたい。
  • 自社のロイヤル層への理解が十分でない。思い込みを排除した新しい切り口を見つけたい。

特長

  1. 深く知りたい層(ターゲット)の価値観やなどのデータも活用し、より実態に近い分析軸が見つかります。
  2. 自由回答に含まれる単語もマッピングできるので、ターゲットを理解する上でより有効な軸を探索できます。
  3. ターゲットにどのような特徴があるのか、複数の軸でマッピングすることで、多面的な理解が可能になります。
  4. 現在の顧客だけでなく、潜在顧客や休眠顧客・離反顧客など非顧客層についてもデータ分析が可能です。

商品・調査概要

アウトプットイメージ

crossmapping_image crossmapping_image
CrossMappingに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。