株式会社日経リサーチ

ブランド戦略サーベイ活用事例

ブランド調査・分析サービス
ブランド戦略サーベイをご利用いただいている企業のご担当者さまから寄せられた調査結果の活用方法をご紹介します。
結果報告会をディスカッションの場として活用
輸送用機器メーカーA社
経営企画担当
マーケティング戦略として、ブランドスローガンをベースに、世界各国でブランド力を向上させたいと考え、「ブランド戦略サーベイ」を導入しました。まず、各国でのブランド力とブランドスローガンの浸透状況を把握する必要があったため、ブランド戦略サーベイの調査項目とアウトプットに基づき、グローバル調査を実施しました。また、現在のブランドイメージとその形成要因を明らかにしたいと考えていましたが、ブランド戦略サーベイはブランドイメージだけでなく、当社の魅力点や当社との接点などを競合他社との比較という視点からも評価でき、ブランド戦略構築に役立ちました。日経リサーチによる結果報告会をディスカッションの場としても活用し、課題の共有を図っています。
ベイジアンネットワーク分析で課題を抽出
食品メーカーB社
マーケティング担当
企業ブランドに紐づいた製品ブランドを確立することで、効率的なマーケティング活動をしたい。そう考えた時、「ブランド戦略サーベイ」の活用は自然な流れでした。自社のブランド構造の変化と競合他社との違いやブランド力を構成する要素の中で自社の強み・弱みを把握したいと考え、アドバンスレポートのコンシューマー編を購入しました。付属の“i”sViewer(アイズビューワー)で各項目の性・年代別スコアを出力するとともに、ベイジアンネットワーク分析でブランドイメージの構造を把握し、課題を抽出。課題は部署別に落とし込んで対策を立てています。アドバンスレポートは以後も継続的に購入しています。
「外から見た位置づけ」を社内で共有
情報通信業C社
広報宣伝担当
新たにスタートした中期経営計画に基づく企業理念を、各ステークホルダーに浸透・理解させるにはどうしたらいいか。「ブランド戦略サーベイ」の必要性を感じました。自社ブランドについて、浸透状況の推移と情緒的な価値を把握するという課題を解決すべく、“i”sViewerのコンシューマー編とビジネスパーソン編のセットを継続購入しています。各種スコアは認知やブランド価値、エンゲージメントなどのKPIとして活用しています。また、調査結果は会社内に展開し、「外から見た位置づけ」を共有することなど、インターナルブランディング強化の一助としています。
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください