日本経済新聞社の総合調査会社
株式会社日経リサーチ

インナーブランド戦略サーベイ

ブランド調査・分析サービス

インナーブランド戦略サーベイとは

企業のブランド力向上にはインナー(従業員)向けのブランディング活動も重要です。企業のビジョン=ありたい姿へ向かうベクトルを社内で揃えることで、社外にも一貫した強いブランド力を発信できます。この商品は企業のブランド力を従業員の視点で捉え、外部との認識ギャップや施策の効果を可視化することにより、ブランディング活動を支援する調査サービスです。

活用できる課題

  • ミッション・ビジョン、自社ブランドや製品・サービスなどに対する従業員の意識・評価を知りたい。
  • ミッションやビジョンを現場に浸透させたいが、広報活動をどう展開すればいいかわからない。
  • ブランディング活動に現場を巻き込み、社内活性化・モチベーション向上につなげたい。

特長

  1. 従業員に自社ブランドの価値や評価について聴取し、組織内のどこでブランド認識に格差が生じているのか、その原因は何か明らかにし、組織活性化へのコンセンサス形成を促します。
  2. 社内報、サイトなどブランドとの接点・ツール別に、従業員のブランド意識を醸成する寄与度を指標化し、現場をコミットさせるのにどのコミュニケーション施策が効果的か判別します。
  3. 自社が掲げるミッション・ビジョンなどの社内での浸透レベルや、それらステートメントに基づく活動の取り組みレベルを見える化し、組織の課題を提示します。
  4. 「ブランド戦略サーベイ」と組み合わせることで、お客様など外部からのブランドの「見られ方」と従業員の意識差を確認でき、改善点などが明確になります。(要別途調査)。

参考価格・仕様

1社(3000人程度):200万円(税抜き)~

  • 調査手法:インターネット調査
  • 対象地域・言語:日本・日本語
    ※多言語対応も可能です。
  • 納品物(弊社定型様式):全体報告書1種(Excel,PPT)

※価格は対象人数や調査仕様によって変動します。詳細はお気軽にお問い合わせください。

消費者とビジネスパーソンという外部ステークホルダーの視点で企業のブランド力を測定するネット調査「ブランド戦略サーベイ」との組み合わせについても、詳細はお問い合わせください。

このサービスに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。