株式会社日経リサーチ

ストア戦略サーベイ

ブランド調査・分析サービス
店舗・施設に特化した日本最大規模の魅力度調査
お客様を集め、購買意欲をかきたてる魅力的な店舗・施設を作るには何をすればいいのか。小売業・飲食業の店舗の魅力を高める「売場作り」「接客サービス」などの改善のヒントを調査データから導き出します。具体的な施策作りにご活用ください。
こんなご要望に応えます!
  • 自社店舗の強み・弱みや業界内でのポジションを客観的に把握し、売り上げ向上につなげたい。
  • 来店者の減少に歯止めをかけたいので、どんな人が店舗に来なくなったのか知りたい。
活用方法
  • 自社の店舗にはどの程度魅力があるのか、強み・弱みを他社との比較で把握できます。
  • なぜその店舗に足を運ぶのか、どの部分に魅力や不満を感じているのか分かります。
  • マス広告やネットなど来店以前の接点や行動から、どこで店舗の情報を知るのか分かります。
  • 実際に来店したことがない潜在顧客はどう思っているのか、その評価が分かります。
  • 自社のデータだけでは分からない競合店の顧客の属性や他店を選ぶ理由が分かります。
  1. バリュードライバー8指標:店舗の魅力を8項目に大別して評価し、競合と比較することで、自店舗の“強み・弱み”が分かります。
  2. 「経験的な価値」の側面からの魅力の評価:「直接的な商品・サービスの価値」だけでなく、来店者しか得られない付加価値(来店動機形成要因)を18項目で測定しています。
特長
  1. 注目の348ブランドの店舗・施設の総合的な魅力度を「場力(ばぢから)」として評価します。
  2. 全国約23万人の生活者データから、来店理由や店舗の具体的な魅力点などが把握できます。
  3. 競合他社や業界が異なるベンチマーク企業のデータをご提供、他社との相対比較が可能です。
  4. 自社ではなかなか集められない、「離反者」「非来店者」「非購入者」などの声も収集できます。
  5. 評価データを満載したレポートをご提供します。多角的な分析を通じて自社の課題が見えてきます。
商品概要
ストア戦略サーベイは年1回のインターネット調査による分析レポートを提供します。2017年版は小売業・飲食業22業種348ブランドの店舗・施設を対象に、その実力を多角的に調査しました。レポートでは店舗・施設の魅力度を「場力(ばぢから)」と定義し、ブランドごとの総合的な評価を示す指数「場力PQ」*を算出しています。その他、51項目に渡る魅力点をまとめたバリュードライバー8指標、経験価値などを測定しています。
*PQ(Perception Quotient)=知覚指数
総合評価-「場力 PQ」
「来店意向」「時間消費プレミアム」「購入・利用意向」「推奨意向」という4項目の質問の回答を分析し、算出した、店舗・施設の魅力度を表す総合評価指数です。
この他に、
  • バリュードライバー8指標(51項目)
  • 経験価値
  • コンタクトポイント(情報)
  • タッチポイント(体験)
の評価データなどをご提供します。
使用目的や分析レベルに応じて5種類のレポートをご用意しました。皆様のニーズに合わせてお選びいただき、課題の解決にお役立てください。
活用事例
ストア戦略サーベイをご利用いただいている企業のご担当者様から寄せられた調査結果の活用方法をご紹介します。
その他の
サービス
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください