株式会社日経リサーチ

ストア戦略サーベイ商品詳細

ブランド調査・分析サービス
店舗・施設に特化した日本最大規模の魅力度調査
ストア戦略サーベイは店舗・施設の魅力を高めるために役立つ、次の5種類の評価データをご提供します。
総合評価 場力PQ
store_01a.png
「場力(ばぢから)」とは店舗・施設が持っている魅力のことで、その度合いを示す総合的な指数が「場力PQ」です。実際に来店した人の体験に基づく評価と、非来店者が広告や口コミなどの情報から受けた印象による評価、という2つの視点から店舗・施設の魅力度を総合的にとらえます。場力PQは次の4項目の質問の評価を分析し、算出します。「ストア戦略サーベイ2017」 総合評価ランキングはこのスコアがベースになっています。
 なお、PQはPerception Quotientの略で、消費者がブランドに対して持つ「知覚評価の指標」を意味します。
来店意向 その店舗・施設に行ってみたいと思うか
時間消費プレミアム その店舗・施設で過ごす時間が特別だと思うか
購入・利用意向 その店舗・施設で商品・サービスを購入・利用したいと思うか
推奨意向 その店舗・施設を親しい友人や家族に薦めたいと思うか
バリュードライバー8指標
店舗・施設の具体的な魅力点(バリュードライバー)を51項目にわたって確認し、その結果を施策という観点から、売場作りや接客サービス、プロモーション活動など8分野にまとめた指標です。実用的かつ詳細な評価指標としてご好評いただいています。現状課題の把握、取り組みの効果の確認、競合企業との比較など、施策づくりのヒントとしてご活用いただけます。
売場作り(ハード) 売場作り(ソフト) 利便性 接客サービス
・内装
・レイアウト
・比較しやすさ
・品揃え  など
・居心地
・季節感
・新発見
・ディスプレイ  など
・アクセス
・所要時間
・営業時間
・気軽さ  など
・提案
・接客態度
・問い合わせの対応
・心配り  など
顧客リレーション 信頼性 プロモーション活動 ブランドメッセージ
・優待制度
・好みを覚えているか
・メンバー制度
・大切にされているか
・価格以上の価値
・評判
・商品やサービスの質
・ギフト利用  など
・広告の世界観
・店舗にいくきっかけ
・ホームページ
・アプリ  など
・ブランドコンセプト
・社会活動
・店舗への思い入れ
・非日常感  など
経験価値
「直接的な商品・サービスの価値」だけでなく、店舗・施設を訪れ、商品・サービスを購入・利用するその過程で得られる「経験的(情緒的)な価値」を、18項目の質問で評価します。そこを訪れることでしか得られない「経験」(幸福感、ワクワク感、トレンド感など)こそが、その店舗・施設の付加価値であり、来店動機を形成する1つの要素だという考えに基づいて設定しました。
コンタクトポイント
この1年間にマス媒体やSP媒体を見たことがある人の割合です。どんな接点で接触しているか、各評価の情報経路が把握できます。
タッチポイント
この1年間の店舗・施設やWebサイトにおける、来店・閲覧経験や購入・利用経験とその頻度が把握できます。
調査概要
調査は年1回実施し、分析結果から前年との比較や効果測定もできます。
調査時期 2017年2月
調査対象 当社提携企業のインターネットモニター。全国の16歳以上の男女
調査手法 インターネット調査
回答者数 229,100人(1ブランドに付き約8,000人)
測定業種 小売業・飲食業 22業種
レストラン、カフェ、ファストフード、スイーツ・ベーカリー、スーパー・酒屋・調味料、コンビニエンスストア、百貨店・複合商業施設、ドラッグストア、アパレル、靴・かばん・メガネ、ブランド、宝飾品、化粧品、自然派コスメ・ボディケア、キッズ・玩具、家具・生活雑貨、ホームセンター・ディスカウント・リサイクル、書籍・CD、家電量販店・携帯ショップ、スポーツ用品、ショールーム、その他
測定ブランド 348ブランド
※348ブランド以外のブランドも同じフレームで調査ができます。

商品ラインナップ
商品は使用目的や分析レベル、ご予算などによって、次の5種類からお選びいただけます。
ベーシックレポート
市場全体の中における自社ブランドの現状を把握できる分析レポートと様々な角度で調査結果を分析できるアプリケーションソフトがセットになっています。
ユーザーレポート
ベーシックレポートに加えて、来店者・利用者にフォーカスした分析レポートとアプリケーションソフトが付属しています。
アドバンスレポート【自社分析編】(見本はコチラ)
ユーザーレポートに加え、同業種内でのポジショニングや他業種と比較した自社の強みや弱みが把握できる構造分析レポートが付属しています。
アドバンスレポート【離反者分析編】(見本はコチラ)
ユーザーレポートに加え、離反顧客に焦点をあて、どのような層がどのようなブランドに乗り換えたか分析したレポートが付属しています。
プレミアムレポート
アドバンスレポートの自社分析編と離反者分析編がセットになっています。消費者の行動や店舗の魅力の構造分析により、様々な施策を全方位的に探究できます。
その他の
サービス
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください