コンプライアンス意識調査
(コンプライアンス経営診断プログラム)

国内外、延べ3000社以上の知見を持つ専門チームが、 調査設計から施策実行までをサポートします

日経リサーチによるコンプライアンス意識調査のメリット

  1. 日経リサーチロゴ

    日経グループの信頼性により本音の回答が得られます

    • 相談窓口に来ない具体的な意見を集められる
    • 他社から変更し、自由回答の文字量が15%アップしたことも(大手メーカー事例)
  2. 課題共有

    設問・納品物は課題に応じてカスタマイズが可能です

    • 取り組み施策の効果を測定する設問など、課題・仮説に合わせて自由に設計
    • PC/スマートフォン/紙など、複数の手法での実施が可能
    • 結果の活用を踏まえて、分かりやすく・使いやすいアウトプットに
  3. これまでの調査地域 クリックで拡大します

    海外65カ国以上の多言語調査に対応できます

    • 回答対象従業員が1万人を超えるグローバル調査も数多く実績あり
  4. ベンチマーク クリックで拡大します

    自組織の水準を客観的に確認できます

    • 国内外のビジネスパーソン10万人の回答をもとにしたベンチマークデータを保有
  5. コンプライアンスリスク診断結果 クリックで拡大します

    優先度の高い課題を明確にします

    • 個別項目においてネガティブ回答の多い項目をランキングにすることで、優先的に改善すべき組織の課題が明らかに
  6. 組織別リスクマップ クリックで拡大します

    リスクの高い部署をあぶり出します

    • 特定の属性ごと(部署・役職など)に「コンプライアンスリスク」と「組織風土」の診断結果をプロットすることで、社内において相対的リスクが高い属性が一目で見ることが可能
  7. FBシート クリックで拡大します

    現場課題の自分ごと化を促します

    • 会社、グループ全体やベンチマークと比較した自部署の結果を分かりやすくフィードバック
    • 結果を踏まえた議論をガイドする「ディスカッションシート」付き
  8. ワークショップ

    ワークショップを企画運営し、施策化までサポートします

    • 各拠点・部署の担当者が現状の理解を深め、改善の方向性を明らかにし、施策に落とし込めるよう支援
    ステップ1 日経リサーチより全体の調査結果報告
    ステップ2 結果に対する認識の確認
    ステップ3 職場のゴール設定
    ステップ4 問題解決のためのアイデア出し
  9. 調査実施

    現場実践を円滑に進めるための知識習得をフォローします

    • 研修の実施、パートナーコンサルタントのご紹介を行い、最適な課題解決の方策を提供
    • 豊富なコンテンツから、研修目的や対象者の習熟度に応じて選択可能

対応できる課題の例

  • コロナ禍で働き方が変わり、社内のどこにどんなリスクがあるかわからなくなっている
  • 内部通報制度を設けているが、あまり活用されていない
  • コンプラインス調査を実施しているが、調査結果を社内でうまく活用できていない
  • 研修内容が従業員にどの程度理解され、浸透しているか不安がある

設問設計

設問設計
  • 定型の調査項目を保有
    ①コンプライアンス意識・行動実態 ②現在現れているリスク ③リスクを生み出す組織風土 の3つの分類を用意。経営上のコンプライアンス問題を体系的に把握できます。
  • カスタマイズも可能
    自社で長年注視している設問、取り組み施策の効果を測定する設問など、課題・仮説に合わせたカスタマイズが可能です。 国内外含めたグループ会社で、一部が異なる内容の調査を実施することも可能です。
    国内外含めたグループ会社で、個別の会社特有の課題に応じた質問を追加することも可能です。

利用の流れ

web回答の場合、発注確定から速報(マネジメントレポート)ご納品まで2カ月程度で完了します

事例

TIS株式会社

“公正中立なイメージのある日経グループの調査だからこそ、従業員の本音が引き出せました”

資料ダウンロード
管理本部 コンプライアンス統括部
常務執行役員 管理本部長 浅野 哲也氏
部長 竹生 智 氏 / 主査 古田 理 氏

小野薬品工業株式会社

“課題に応じた柔軟な調査内容に対応いただきました”

資料ダウンロード
コンプライアンス推進部
部長 福森氏 / 次長 西名氏 / 小澤氏 / 小竹氏 / 菅原氏

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

“日経リサーチが保有するグローバルでのベンチマークと比較することで、客観的に課題の優先順位付けができました”

資料ダウンロード
コーポレートコミュニケーション室 CSRチーム
有田 賢 氏

実績

実績

よくあるご質問 Q&A

「コンプライアンス意識調査」で何を聞けばいいか、分かりません。

日経リサーチが10年以上かけて構築した「コンプライアンス意識調査 測定項目一覧」がありますので、必要項目は抜け・漏れなく測定できます。
同時に、貴社の課題感をお伺いし、測定項目を提案します。

海外拠点があります。調査できますか。

はい、これまで20か国以上の国・エリアで従業員調査を行っています。
必要な言語やインターネットのアクセスの有無などお伺いしますので、ぜひご相談ください。

他の調査会社や自社で「コンプライアンス意識調査」を実施しましたが、日経リサーチに依頼する場合、今までの調査結果との比較はできますか。

はい、比較できます。
今までの調査結果のデータを共有ください。

質問項目を自社にあわせて変えられますか。

日経リサーチは貴社の課題に即して調査をオーダーメイドで設計します。
他の調査会社や自社で今まで実施されていた場合は、時系列比較が可能なフレームを維持しつつ、新たな調査項目や分析視点を提案します。

従業員調査の協力率が低くて困っています。どうすれば回答してもらえますか。

従業員の皆さんが「回答内容が上司に見られてしまう」と思っているのかもしれません。
日経リサーチが調査する際は、「だれ」が「どのように」回答したかは、「貴社の事務局にも共有しない」約束で調査することも可能です。従業員の皆さんに安心して、本音で回答いただけます。

「コンプライアンス意識調査」は毎年実施した方がよいですか。

はい、年に1回程度がおすすめです。コンプライアンスの取り組み効果を検証するため、調査結果を時系列で比較することは重要です。
また、新たなコンプライアンス上の問題が起きている可能性もあります。

特定の会社と調査結果の比較はできますか。

特定の会社との比較はできませんが、日経リサーチ保有の「ベンチマーク」と比較することができます。
日経リサーチの「ベンチマーク」は、ビジネスパーソンを対象とし、幅広い年代や業種・職種の方に回答いただいております。国内ベンチマークについては、同じ業種や職種、規模の会社にお勤めの方と比較できます。
ご依頼いただいて収集したデータは機密情報として扱い、ベンチマークにすることはありません。

調査後のサポートを教えてください

結果の解釈から現場の施策化まで伴走いたします。課題に応じた研修等のご紹介も可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

参考価格

  • 調査対象3000人の場合 250万円(税抜き)~

※価格は対象人数や調査仕様によって変わります。詳細はお気軽にお問い合わせください。

このサービスに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。