株式会社日経リサーチ

コンプライアンス経営診断プログラム

コンプライアンス意識調査
従業員の意識・実態調査を通じて、コンプライアンス経営の推進を支援し、企業価値の向上につなげるプログラムです。コンプライアンスに対する漠然とした「不安感」や「危機感」を数値によって「見える化」し、「コンプライアンスに関わる問題が起こらない」職場を目指すため、貴社にあった課題解決を支援します。2019年にプログラムをリニューアルし、「働き方改革」の弊害などタイムリーなテーマも調査・分析が可能になりました。
こんな方におすすめ
  • コンプライアンス研修を実施しているが、従業員にどの程度理解され浸透しているか不安がある
  • 働き方改革を推進しているが、現場にしわ寄せが及んでいないか心配である
  • 不祥事を未然に防ぐため、まずは実態を把握し、潜在リスクに手を打ちたい
プログラムの概要
従業員の意識や行動からリスクを明らかにするのみならず、経営理念・行動規範の理解や、コンプライアンスを阻む組織風土、施策の効果など、多角的に把握します。
プログラムの概要
こんなことが分かります
  • 従業員の意識や実態が分かるとともに、従業員が経営に対してどのようなことを求めているかが分かる
  • 従業員の意識や実態を明らかにすることで、各諸施策の有効性を点検できる
  • 部署別や役職別、年代別に結果を把握することで、「どの層から」優先的に取り組めばよいか分かる
  • マネージャーに自部署の実態をフィードバックすることで、現場からコンプライアンス推進に取り組めるよう、働きかけができる
特長
  1. リスクは7分類で構成。労働環境リスク、品質管理リスクなど、働き方改革の負の側面を炙り出します
  2. 経営理念や行動規範の理解度や実践度を把握し、コンプライアンス経営に対する意識を明らかにします
  3. 健全な組織風土の5つの構成要素「環境」「関係性」「関心」「慣習」「教育」を把握し、組織の根本から見つめ直します
  4. ビジネスパーソン約8万人のデータと比較し、自社の弱みを把握した上で、優先課題を発見できます
  5. コンプライアンス推進に関して貴社が取り組んでいる施策の効果を測定する設問を組み込むこともできます
  6. 日経グループの信頼性・中立性で、従業員が安心して本音を答えることができるとともに、高い回答率が期待できます
  7. 自由回答設問に書かれた従業員の“本音”から隠れたリスクが明らかになることがあります
  8. 多言語調査にも対応していますので、海外も含め、国内外の拠点で同時に調査を実施することも可能です
参考価格
3000人対象 250万円(税抜き)~
  • 調査内容:弊社定型調査項目
  • 調査手法:WEB
  • 対象地域・言語:日本のみ
  • ご納品物(弊社定型様式):全体報告書1種、部署別結果一覧表5種、報告会1回実施
※価格は対象人数や調査仕様によって変動します。ご相談内容に応じて御見積いたします。
※この他、貴社の調査ニーズや課題・仮説に合わせたカスタマイズ仕様のフルオーダー版もご用意しています。詳細はお気軽にお問い合わせください。
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。