株式会社日経リサーチ

第22回環境経営度調査2019企業ランキング

環境対策と経営効率の向上の両立に取り組む企業を評価する第22回「環境経営度調査」の企業ランキングがまとまりました。この調査は日本経済新聞社が1997年から年1回実施しており、今回は2018年12月下旬から2019年3月上旬に、上場・非上場の有力企業、製造業1731社、非製造業1318社を対象に実施、製造業360社、非製造業239社が回答しました。
最新版ハイライト
  • 製造業は昨年2位のコニカミノルタが16年以来3年ぶりの首位。
  • 2位は2年連続トップだったキヤノン。3位は豊田合成が浮上。
  • アサヒグループホールディングスが昨年25位から7位に急上昇。
  • トップ10内の12社のうち5社は昨年圏外からの上昇組。
  • 小売り・外食1位は2年連続で丸井グループ。昨年同率首位のそごう・西武は3位。
「環境経営度調査」の概要
「環境経営度調査」は企業の環境経営を総合的に分析し、温暖化ガスや廃棄物の低減などの環境対策と経営効率の向上をいかに両立しているか評価する調査です。日経リサーチは日本経済新聞社が実施している同調査の報告書や関連サービスなどを提供しており、環境経営の戦略立案・計画策定・運営実行・分析研究などにご活用いただいています。
活用方法
  • 日本経済新聞などにランキングが掲載される環境経営度調査の最新結果の全体像が分かります。
  • 指定企業とのスコア比較や自社のスコア分析を通じ、業界内の位置付けや強み・弱みが把握できます。
  • 環境経営度を構成する指標を細分化し、詳細な分析で貴社の改善ポイントを指摘します。
  • 調査対象外の企業のスコアも測定できるので、グループ各社の取り組みレベルが把握できます。
第22回調査企業ランキング
環境経営度は以下の評価指標から総合スコアを算出し、製造業は総合ランキング、非製造業は業種別のランキングを作成しています。評価指標によって最高点が異なるため、最高を100、最低を10に変換し、製造業と建設業は最高スコアを500、非製造業は最高スコアを400としました。
  • 環境経営推進体制 
  • 温暖化対策
  • 製品対策(製造業、建設業のみ)
  • 汚染対策・生物多様性対応
  • 資源循環
製造業トップ10(最高点500)
順位 昨年 社名 スコア
1 2 コニカミノルタ 496
2 1 キヤノン 486
3 10 豊田合成 481
4 14 大日本印刷 479
5 4 ホンダ 478
5 7 サントリーホールディングス 478
7 12 富士通 476
7 25 アサヒグループホールディングス 476
9 3 デンソー 475
9 5 YKK 475
9 15 パナソニック 475
9 16 ジェイテクト 475
非製造業業種別トップ3(最高点400)
小売り・外食
順位 昨年 社名 スコア
1 1 丸井グループ 398
2 3 イオンリテール 390
3 1 そごう・西武 389
金融
順位 昨年 社名 スコア
1 4 東京海上ホールディングス 394
2 1 SOMPOホールディングス 391
3 3 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 385
運輸
順位 昨年 社名 スコア
1 1 佐川急便 386
2 2 日立物流 372
3 3 京王電鉄 365
3 4 川崎汽船 365
通信・サービス
順位 昨年 社名 スコア
1 4 電通 392
2 1 NTT西日本 384
3 2 NTTコミュニケーションズ 380
倉庫・不動産・その他
順位 昨年 社名 スコア
1 1 ヒューリック 398
2 2 東急不動産 365
3 4 三菱地所 312
商社
順位 昨年 社名 スコア
1 3 キヤノンマーケティングジャパン 372
2 1 住友商事 371
3 4 日立ハイテクノロジーズ 370
電力・ガス(平均点500)
順位 昨年 社名 スコア
1 2 大阪ガス 653
2 1 東京ガス 623
3 4 東邦ガス 561
建設業(最高点500)
順位 昨年 社名 スコア
1 1 積水ハウス 496
2 13 大和ハウス工業 494
3 2 大東建託 493
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
環境経営度調査に関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。