株式会社日経リサーチ

「品質経営度調査」ベンチマーク支援サービス

一般財団法人日本科学技術連盟が2年に1度実施する「企業の品質経営度調査」の結果や分析ノウハウを活用し、品質の重要性を認識した「品質経営」の取り組みについて、貴社の現状を分析し、サポートするサービスです。
こんなご要望に応えます!
  • 品質重視の経営で、顧客満足度を高め、企業の競争力を向上させたい。
  • 「品質経営」を実践するため、自社に適したベンチマークが欲しい。
活用方法
  • 業界別や企業規模別に見た品質経営の取り組み水準と自社のポジションが分かります。
  • 業界平均と比較した自社の取り組みの優れた点(強み)とそうでない点(弱み)を抽出できます。
  • 品質経営優良企業群をベンチマークとして、取り組むべき課題や効果的な改善点を明らかにします。
  • 上位企業の具体的な取り組み事例(ベストプラクティス)が分かります。
特長
  1. 品質経営の取り組みを「品質経営度調査」のモデル上で再現し、順位やスコアを算出します。
  2. 自社だけでなく、グループ企業や社内の事業部門別の順位やスコアの算出も可能です。
  3. 「品質不良コスト」に関するデータを、業界や企業規模別の集計でご提供します。
     
  4. 指定企業群との比較や指定業種絞りのクロス集計などのオプションもご用意しています。
商品概要
品質経営度調査は企業による品質を高めるための取り組みや実践状況を客観的に評価する調査です。品質経営度を頂点に、社内における品質向上に向けた「仕組み作り」と「実践活動」という2つの経営側面が下位概念として存在する構造を想定しています。
このうち「仕組み作り」には「経営者のコミットメント」「品質経営を継承する人材育成」「安心・安全・信頼のマネジメント」の3側面、「実践活動」には「プロセスの確立・順守」「顧客志向」「仕組みの水平展開」の3側面、合計6側面があり、それぞれが品質経営度の指標となっています。
品質経営度調査の仕組み
qmrs_01.png
主な調査項目
  • 経営トップやCQO(品質活動に関する最高責任者)の思想が共有できているか。
  • 品質重視の思想が実際に機能しているか。
  • 市場からのクレームや顧客の声が確実に収集され、全社的に活用されているか。
  • 重大な品質事故や法規則違反が発生した場合の体制ができているか。
  • 品質経営に関する社内教育体制が機能しているか。
  • 独創的な新製品を生み出すための体制ができているか。
  • 外注先の選定や製品の受け入れ時の検査体制が機能しているか。
  • 品質改善の取り組みを継続的に実施できる体制になっているか。
  • 主要拠点の取り組みを他の拠点へ展開できているか。
 
商品はレポート、データ集、順位・スコア測定サービスをご用意しています。
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください。