品質経営度調査ベンチマーク支援サービス

品質経営度調査ベンチマーク支援サービスとは

一般財団法人日本科学技術連盟が2年に1度実施する「企業の品質経営度調査」(最新版は2018年の第10回調査)の結果や分析ノウハウを活用し、企業活動全般において「品質」を重要視する経営=「品質経営」に取り組む企業の現状を分析し、サポートするサービスです。調査は企業の品質経営の取り組みを総合および6つの側面で再現し、各側面を指標として順位・スコアを算出、企業を評価します。各社は自社の位置づけを確認した上で、他社との比較を通じて自社の品質経営の水準や強み・弱みなどを把握し、強化すべき分野や向上すべきポイントを明確にできます。

活用できる課題

  • 品質を重視した経営に取り組むことで、顧客満足度を高め、競争力を向上させたい。
  • 「品質経営」を実践するにあたり、自社に適した優良企業のベンチマークが欲しい。

特長

  1. 業界別や企業規模別に見た品質経営の取り組み水準と自社の位置づけが分かります。
  2. 業界平均と比較した自社の取り組みの優れた点と向上すべきポイントを抽出できます。
  3. 優良企業群をベンチマークとして、取り組むべき課題や効果的な改善点を明確にします。
  4. 品質経営度上位企業の具体的な取り組み事例(ベストプラクティス)が分かります。
  5. 自社だけでなく、グループ企業や社内の事業部門別の順位やスコアの算出も可能です。
  6. 「品質不良コスト」に関するデータを、業界や企業規模別の集計でご提供します。

仕組み

品質経営度調査は品質を高めるための企業の取り組みや実践状況を客観的に評価する調査です。品質経営度を頂点に置き、社内における品質向上に向けた「仕組み作り」と「実践活動」という2つの経営側面が下位概念として存在する構造を想定しています。
このうち「仕組み作り」には「経営者のコミットメント」「品質経営の拡がり」「品質経営への人づくり」という3側面、「実践活動」には「プロセスの確立・順守」「顧客価値創造」「部門間連携力」という3側面、合計6側面があり、それぞれが品質経営度の指標となっています。

品質経営度調査の仕組み

品質経営度調査の仕組み

主な調査項目

  • 経営トップやCQO(品質活動に関する最高責任者)の思想が共有できているか。
  • 品質重視の思想が実際に機能しているか。
  • 市場からのクレームや顧客の声が確実に収集され、全社的に活用されているか。
  • 重大な品質事故や法規則違反が発生した場合の体制ができているか。
  • 品質経営に関する社内教育体制が機能しているか。
  • 独創的な新製品を生み出すための体制ができているか。
  • 外注先の選定や製品の受け入れ時の検査体制が機能しているか。
  • 品質改善の取り組みを継続的に実施できる体制になっているか。
  • 主要拠点の取り組みを他の拠点へ展開できているか。

商品ラインナップ

使用目的や分析レベル、ご予算などによって、次の4種類からお選びいただけます。

アドバンスレポート

業界平均のほか、総合トップ企業や各側面トップ企業、業界トップ企業とのベンチマーク比較で、独自に算出した改善期待指数を使い、改善すれば評価アップが期待できる項目を抽出します。また、上位企業のベストプラクティスを抜粋で収録します。(具体的社名は非公表)
※オプションとして指定企業群との比較も可能です(費用・納期はご相談ください)。なお、他社の回答内容が分かる形でのレポート提供はできません。また、指定企業の数が極端に少ない場合などは、ご要望に沿えない可能性がありますのでご了承ください。
価格:240,000円(税抜き)
 指定企業群との比較(オプション)40,000円(税抜き)/1種類
※その他、各種オプション承りますので、ご相談ください。

ベーシックレポート

業界平均データと比較した基本評価を提供します。6側面の調査項目ごとに業界平均値と比べた貴社のポジションを把握できます。アウトプットの追加はオプションで承ります。
価格:60,000円(税抜き)
 指定企業群との比較(オプション)40,000円(税抜き)/1種類
※その他、各種オプション承りますので、ご相談ください。

レポートサンプル

PDFでご覧いただけます(635KB)

※アドバンスレポート・ベーシックレポートをご希望で第10回調査の対象企業以外の企業様は、別途「順位・スコア測定」にもお申し込みいただき、調査票へのご回答が必要となります。また、第10回調査の対象企業様で、調査票にご回答いただけなかった場合、レポートはご購入いただけませんのでご了承ください。

データ集

第10回調査の結果のうち、品質不良コストをはじめとした実績数値や選択形式の設問について、業種別・業態別、総合順位別などの企業分布が分かるクロス集計表および新聞に掲載されたランキング表を、加工しやすいExcelデータにてご提供します。
※オプションとして、貴社の指定業種等に絞ったクロス集計が可能です(費用・納期はご相談ください)。なお、他社の回答内容が分かる形でのデータ提供はできません。また、指定企業の数が極端に少ない場合などは、ご要望に沿えない可能性がありますのでご了承ください。
価格:80,000円(税抜き)

順位・スコア測定サービス

調査対象になっていない企業様や調査にご回答いただいた企業様のグループ会社・事業部門を対象に、順位やスコアを測定するサービスです。調査票にご回答いただければ、各社・部門を含めた総合および6側面の順位とそれぞれのスコアを提供します。これにより、品質経営度調査のご回答企業様と比較した自社の相対的な位置づけが分かります。また、グループ内での取り組み状況を子会社別・部門別等で把握したい場合にも役立ちます。

※順位・スコア測定の結果レポートはご回答企業様に調査協力のお礼としてお送りする調査結果資料と同一です。また、第10回調査の対象企業様で、調査票にご回答いただけなかった場合、このサービスはご利用いただけませんのでご了承ください。各サービスの納品はお申し込みの約2週間後となります(調査票へのご回答が必要な場合は、回答調査票受領から約2週間後)。
価格:新規測定(1社につき):30,000円(税抜き)
   実践活動(Bパート)のみ測定 1部門につき:20,000円(税抜き)

調査概要

第10回品質経営度調査

調査主体 (一財)日本科学技術連盟
後援 (株)日本経済新聞社
調査実施機関 (株)日経リサーチ
調査実施期間 2018年7月2日(月)~8月31日(金)
調査対象 705社(連盟の賛助会員企業、国内有力製造業・建設業、およびソフトウェア企業など)
回収 193社(回収率:27.4%)
このサービスに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。