日本経済新聞社の総合調査会社
株式会社日経リサーチ

デスクリサーチ・文献調査

デスクリサーチ・文献調査とは

改めて調査をするのでなく、既存の統計データや研究資料、報道資料などのオープンソースから情報を抜き出し、レポートとしてまとめるのがデスクリサーチ・文献調査です。市場調査などを実施する前の事前調査として利用されるお客様も多く、調査の流れの中で大切なステップとなっています。

日経リサーチのデスクリサーチ・文献調査はここが違います!

  • データベース構築を担当する専門家らがテクニックを駆使してリサーチ・情報収集に当たります。
  • 当社自主調査のオリジナルデータも最大限に活用します。

特長

  1. 経済・産業・企業・市場調査・業界動向など幅広いテーマを対象に、「必要で有用な情報」を「使えるデータ」に加工して提供します。
  2. マクロからミクロまで数値・統計データに詳しく、検索用語や関連語など情報検索を熟知した専門家が、効率よく精度の高い情報を収集します。
  3. インターネットや各種調査資料など信頼性の高い公開された情報源の中から、業務で培ったテクニックを活かし適切な情報を収集します。
  4. 集めたデータを読み解き、基本情報や背景情報を精緻に分析し、扱いやすいスタイルに整理・加工して提供します。

活用事例

  • 「TPP」をテーマに開くセミナーの講師の候補として専門家3人をリストアップしたい。
  • リサイクル市場への参入を検討している。関連情報をなるべくたくさん集めたい。
  • アジアの新興経済国の消費市場に関心がある。現地のライフスタイルなどを調べたい。
  • 風力発電、太陽光発電など自然エネルギーの需要予測について知りたい。
デスクリサーチ・文献調査に関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。