海外マネジメント支援サービス

海外マネジメント支援サービスとは

海外に拠点を持つ企業を対象に、現地でのマネジメントに関わる様々な課題解決を支援するサービスです。最新の調査結果やベンチマークデータを活用し、これからの時代に必要な海外マネジメント施策を導き、働きがい向上やリスク低減につなげます。

活用できる課題

  • 海外拠点の存在意義や現地駐在員の役割・ミッションを見直したい
  • 現地への理念浸透やインナーブランディングに関する課題を解決したい
  • 海外拠点の現地社員・スタッフのエンゲージメントやコンプライアンス意識を測定し、課題を発見し、改善の端緒を見つけたい

特長

  1. 駐在員戦略の見直し、理念やブランド戦略の浸透
    ・本社側の期待やコミュニケーションの現状を社内関係者にヒアリングし、現地従業員と駐在員の意識のギャップを測定し、今後の展開について提言します。
    ・2020年末に実施した自主調査の結果から日経リサーチが定義した「駐在員のあるべき姿」をベースに、貴社の駐在員戦略を支援します。
  2. 働きがいやコンプライアンス意識の向上
    ・海外拠点の現地社員・スタッフのエンゲージメントやコンプライアンス意識をグローバルで測定し、課題の発見や改善の端緒としてご利用いただけます。
    ・20カ国計約2万人(1カ国約1000人)のベンチマークデータを活用し、働きがい向上やリスクの低減に向けた優先課題を国別・拠点別に把握できます。
    詳しくはこちらをご覧ください.

仕組み

【駐在員戦略の見直し、理念やブランド戦略の浸透】

商品・調査概要

STEP①のみ:250万円~ 駐在員やブランディングの方向性など、あるべき姿を再確認するための本社調査やヒアリング
(社内関係者インタビュー、関係者とのワークショップなど)
STEP②のみ:250万円~ 駐在員の就業実態や従業員の意識・評価を把握するための現地調査やヒアリング (駐在員経験者や関係者インタビュー、現地の駐在員や従業員の調査)
フルサービス:500万円~ 本社の意識と現地の実態とのギャップ確認、今後の展開に向けた提言など (本社調査、駐在員調査、ギャップ分析)
※実施内容によってお見積りは変動します。
このサービスに関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。