株式会社日経リサーチ
7n10KOtZDowa.SEMuF4FkRPqSlWws0SBC7HRwZYdPA--.gif

ユニバーサルデザイン(UD)リサーチ

障がい者の視点に立った新しい調査サービス
障がい者や高齢者が暮らしやすい社会はすべての人にとって暮らしやすい社会であり、障がい者や高齢者が日常生活で感じる不便や気づきは、すべての人が暮らしやすくなるための示唆を含んでいると考えます。日経リサーチは各種調査活動を通じて企業にこの示唆を提供し、真のサービス向上に貢献していきます。
こんな要望に応えます!
  • 商品やサービスの開発にあたって、障がい者や高齢者などの「当事者の声」が直接、聞きたい。
  • 障がい者や高齢者によってよりよいサービス提供がされているか検証したい。
活用方法
  • 障がい者や高齢者に実際に商品やサービスを体験してもらうことによって、具体的な改善に向けた示唆を得ることができます。
  • 障がい者や高齢者が実際の店舗・施設に出向くことによって、サービスやマニュアルが実行できているかを把握できます。
特長
  1. 総合調査会社ならではの調査設計・レポーティングを提供
    総合調査会社として長年にわたる各種調査活動で蓄積した豊富な知見とノウハウがベースになっています。ここに障がい者や高齢者の視点をプラスし、調査設計からレポーティングまで幅広くご提供。今までになかった気づきを得られます。
  2. 複数のパートナーとの提携で障がい者や高齢者にリーチ
    障がい者とネットワークを持つNPO法人や企業など複数のパートナーと提携することで、一般のマーケティングリサーチではモニターや調査員になっていただくことが難しい障がい者や高齢者の方へのリーチを実現します。
  3. UDリテラシーを習得したリサーチャーが調査を担当
    日経リサーチの担当リサーチャーはUDリテラシーを高めるための資格を取得しています。同時に、障がい者を対象とした調査を実際に重ねることで、調査におけるUDリテラシーの向上に日々努めています。
商品概要
日経リサーチが提供するのは次の3つのサービスです。
  1. ユニバーサルな観点から現状を把握するための定量調査
    障がい者や高齢者を対象とした郵送、電話、インターネットなどを使った定量調査です。調査票にUDフォントを使用するのはもちろん、対象者のご不便にあわせて「見やすさ」「答えやすさ」を考慮し、調査を設計します。
  2. ユニバーサルな観点からの気づきを得る対面調査
    対象となる方の障がいやご不便に沿った座談会や1on1のインタビュー調査、会場テスト(CLT)を設計・実施し、そこから様々な気づきを提供します。異なる障がいがある方を一度に集めた座談会などにも対応します。
  3. ユニバーサルな観点から検証するミステリーショッパー
    障がい者や高齢者の方が調査員となって、ユニバーサルな観点から設備やサービスをチェックするUDミステリーショッパーです。調査終了後に調査員による座談会やインタビュー調査などを実施することも可能です。
その他の
サービス
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください