株式会社日経リサーチ

海外での学術調査

日経リサーチは海外での学術研究調査にも実績があります。日本経済新聞社グループならではの信頼性、40年以上にわたって各種調査で蓄積したノウハウと豊富な経験に基づき、確かな調査設計と運営管理で、海外調査でも国内同様のサポートをお約束します。
こんなご要望に応えます!
  • 海外でも国内と同じ調査手法で学術研究調査を実施したい。
  • 海外の学術研究調査でも十分な品質のデータを確保したい。
活用方法
  • 先進国から新興国まで50カ国以上で現地調査を実施した実績を持っています。
  • きめ細かく確実なマネジメント能力で、様々なテーマの調査を遂行します。
  • 家庭やオフィスの訪問調査や電話、面接、インターネットなど様々な調査に対応します。
特長
  1. 海外調査実績は20年以上。中央アジアやアフリカ、中南米でも調査実績があります。
  2. 国際比較調査では均質な調査を重視し、十数カ国を超える調査でも高評価を得ています。
  3. スムーズに調査が運営できるよう、現地状況に十分配慮して調査を設計します。
  4. 調査が計画と調査票通りに確実に実行されるよう、現地での実査管理を徹底します。
  5. 担当者は現地で調査員を指導するだけでなく、調査員の家庭訪問に同行したり、現地で調査に参加したりします。
  6. 現地に赴き、現地の暮らしと生活者の意識に真摯に向き合う調査を心がけています。
     
主な受注実績
筑波大学/東京都市大学/大阪大学/九州大学/産業技術総合研究所/家計経済研究所
関連サイト
海外の現地ビジネス情報サイト「グローバル・マーケティング・キャンパス」では随時、各国の最新事情・動向を掲載しています。
ご検討中の方はこちらも併せてご覧ください
調査のご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください