株式会社日経リサーチ

「ディール・オブ・ザ・イヤー2019」1月12日(日)付日経ヴェリタス30~32面に掲載

機関投資家や証券会社が評価した昨年の資本市場での資金調達案件で、新規株式公開(IPO)の最高評価は不動産投資信託(REIT)のSOSiLA物流リート法人、最低評価はバイオベンチャーのステムリムでした。機関投資家向け社債は武田薬品工業のハイブリッド債がベスト、群馬銀行の劣後債がワーストになりました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。