株式会社日経リサーチ

「バイヤー調査 室内用消臭剤」7月12日(日)付日経MJ(流通新聞)2面に掲載

主要5社6ブランドの調査で、小林製薬の「お部屋の消臭元」が首位に立ちました。「ブランド力」や「リピート購入率」「香りのバリエーション」など14の評価項目中6項目で最高得点をあげました。3位までは僅差で、2位はエステーの「玄関・リビング用 消臭力」、3位はP&Gの「置き型ファブリーズ」が入りました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。