「オフィスの利用状況に関する調査」8月5日(木)付日本経済新聞28・29面の広告特集「変わる働き方、変わるオフィス戦略セミナー」に掲載

リモートワーク導入後の生産性は変化なしとの企業が約40%で、向上・低下は各約20%でした。今後のオフィス形態は「全部固定席」が現在の60%超から30%以下に低下し、70%以上が「デスクシェア」などフレキシブルな形態を予定しています。リアルなオフィスの重要度は「変わらず」「高まる」合計で75%を超えました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。