「SDGs経営調査」11月17日(水)付日本経済新聞1・3・15・26~30面、18日(木)付日経産業新聞2面に掲載

国内846社について、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みを調査した結果、総合格付けはアサヒビールグループホールディングスなど8社が最上位となりました。温暖化ガスの排出量を将来的に実質ゼロ以下にする宣言をした企業は276社(31.6%)にのぼり、うち43社は2030年代までの達成を目標としました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。