株式会社日経リサーチ

「働き方改革世代間ギャップ調査」日経ビジネス10月22日号「働き方改革 やる社員 やらない社員」(24-41p)の記事内で調査データを使用

全国の会社員516人に対する調査で、「働き方改革を進める上でボトルネックになっている他の世代」を聞いたところ、1961~70年生まれのバブル世代の回答者は、47~51年生まれの団塊世代と52~60年生まれのポスト団塊世代を1位に挙げたのに対し、団塊・ポスト団塊世代の半数はバブル世代こそが停滞要因と答えました。
メディア掲載
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。