日経スマートワーク経営

NIKKEI Smart Work

日経スマートワーク経営とは

「Smart Work経営」とは、従業員のウェルビーイングの向上等により人材を最大限活用するとともに、人材投資を加速させることで、新たなイノベーションを生み出し、生産性を向上させ、企業価値を最大化させることを目指す経営戦略です。日経グループは、新たな時代に企業価値を高める経営のあり方として、この「Smart Work経営」を提案しています。更に、「Smart Work経営」を実践している企業を人的資産の充実している企業として評価するため、日本経済新聞社と日経リサーチが2017年からスタートさせたのが、日経スマートワーク経営です。

仕組み

企業の「人材活用力」「人材投資力」「テクノロジー活用力」を3つの柱として、回答内容などから総合的に企業の「Smart Work経営」を評価します。
スマートワークプロジェクトの新フレームワーク

個別企業の評価は調査票の回答内容だけでなく、日経新聞記者による評価、開示データなど各種データを用いて、総合的に決定します。

「Smart Work経営」を実践し、組織のパフォーマンスを高めている先進企業を評価、表彰する「日経スマートワーク大賞」を年1回選出します。

※調査の設計は慶應義塾大学大学院商学研究科鶴光太郎教授をはじめ、慶應義塾大学商学部山本勲教授、学習院大学経済学部滝澤美帆教授にご監修いただきました。
日経スマートワーク経営に関する
ご相談や見積もりのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください
当サイトでは、利用者が当サイトを閲覧する際のサービス向上およびサイトの利用状況把握のため、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトでは閲覧を継続されることで、クッキーの使用に同意されたものとみなします。詳細については、「当社ウェブサイトにおける情報収集について」をご覧ください。